紅型職人である父が
70年以上、貫き通した美学を
纏って欲しい!

息子である私が
父の柄をより、美しく纏って頂く為に
鮮やかさが特徴的な琉球紅型を
あえて、モノトーン一色で表現しました。

普段使いできる名品を

紅型作品には憧れるけど
鮮やかさすぎて
シチュエーションを選んでしまう。

そんな方の為に
Shoutarou Binagata NAHAの
モノトーン浴衣は誕生しました。

Shoutarou Bingata NAHAの浴衣は
伝統的な紅型を気軽に楽しめるだけでなく
夏の夜を上品に演出するアイテムです。

職人が追求した普遍的な美しさ
その原点である幻の花「さわふじ」をモチーフに
手捺染(てなっせん)で染めています。

大人の装いにふさわしい名品をあなたに。

メディア掲載

RBC琉球放送さま、
RBCiラジオさま、
沖縄タイムス社さまに
取材していただきました。

Shoutarou Bingata NAHA
3つの「こだわり」

01 | 名工の手仕事

Shoutarou Binagata NAHA
オリジナル浴衣の型紙は
琉球紅型職人である金城昌太郎が、
手作業で制作いたしました。

沖縄県が認めた父の型紙は
県内外問わず
高い評価をいただいています。

こだわり抜いた先に辿り着いた美のモチーフ
「さわふじ」を丁寧に手彫りした
オリジナルデザインです。

誰かに話したくなるほどの
こだわりが詰まった浴衣は
今年の夏の装いをワンランク引き上げてくれます。

制作風景が見たいです。と言うお声をよく頂きますので
父がさわふじ柄の型彫りをしている制作風景をご紹介。
画像をクリックすると動画が再生されます。


02 | 総柄

琉球紅型の特徴の一つは、総柄であることです。。

Shoutarou Bingata NAHA
オリジナル浴衣は
主役である「柄」を
全面にあしらった伝統的なデザインです。

部分使いしないことで
職人が紅型と真剣に向き合い
辿り着いた「柄」そのももの美しさを
存分に堪能できます。

03 | モノトーン

Shoutarou Bingata NAHA
オリジナル浴衣は
「柄」そのものを楽しんでもらえるよう
鮮やかさが特徴的な琉球紅型をあえて
モノトーンで制作しております。

落ち着いた色合いで派手になりすぎず
シックなコーディネートを演出します。

試行錯誤の末に辿り着いた染色技法
手捺染(てなっせん)を
採用した理由

手捺染(てなっせん)とは
型紙を使い
職人が1枚1枚ていねいに
染め上げる伝統的な染色技法です。

琉球紅型は職人の手仕事が魅力の一つですが
完全に手仕事で制作してしまうと
1着100万円をゆうに超えてしまい
多くの方に紅型を楽しんでもらうのが
難しい価格になってしまいます。

Shoutarou Bingata NAHAでは

職人のこだわりを感じて欲しい
多くの方に紅型を着用してほしい

そんな想いから試行錯誤した結果
手仕事の要素も残しつつ
最大限の効率化がされている
手捺染を用いて
生地を制作しております。

これにより
コストを抑えながら
手仕事の良さも感じられる
いいとこ取りの浴衣が完成しました。

機械による大量生産では感じにくい
「深み」「暖かさ」
このこだわりも
Shoutarou Binagata NAHAオリジナル浴衣の魅力の一つです。

紅型には憧れるけど
普段使いにはハードルが高い。

そんなお悩みをお持ちの方に
特に喜ばれております。

ご愛用者さまの声

40代女性

伝統的なもの対し、新たな挑戦をしているところが気に入って購入しました。さわふじの柄がとても美しくて愛用しています。

40代女性

オリジナリティのあるアイテムを探していました。伝統的な技法で作られていて、とても愛着が湧いています。沖縄らしい模様で特に夏は大活躍しています。

50代女性

前から紅型に興味はありましたが、帯などは高価でなかなか手がでませんでした。こちらの商品は本格的な製法にもかかわらず特別な日に着用しやすい品の良いものが多く気に入っています。

沖縄版浴衣「琉球小町」の反物
ご購入はこちらから

今回、ご要望の多かったこちらの沖縄版浴衣「琉球小町」の反物を数量限定で販売いたします。

各色8反限定のアイテムになる為
気になる方は、上記の「商品ページ」をクリック頂き
ぜひお早めにご購入ください。

 

琉球紅型の魅力

400年の歴史ある琉球紅型

琉球紅型は顔料と染料を巧みに合わせ
木綿、麻、絹などに染めた
沖縄の伝統的な染物のことです。

鮮やかさが特徴的な琉球紅型ですが「柄」にも
職人達のこだわりが詰まっています。
熟練した職人におる手仕事から生み出される美しさ。
400年以上経った今でも
多くの人を魅了し続けています。

首里を彩る美しさ

静かな首里の町を女性が
「びんがた」を着飾って歩くと
紅型の鮮やかな
赤や黄や藍の色彩が自然の緑に調和して
花のように乱れ咲き、その美しさは
たとえようにもなかったと語り伝えられています。

「美しさとは何か。」

言葉で伝えるのはとても難しいですが
Shoutarou Bingata NAHAは
ファッションを通して
琉球王朝時代の職人達が探求した
「美しさ」をお届けします。

琉球紅型職人
金城昌太郎

「こだわり」を貫き通し
琉球王朝時代の紅型の美しさを後世につたえる

中学3年生のころ担任の先生から

「沖縄には世界に誇れる工芸がある。
しかし、今回の戦争ですべて焼き尽くされてしまった。
生き残ったもので力を合わせて復興させようと思う。
郷土の工芸の為に一生の仕事として尽くす気のある者はいないか?」

このフレーズがきっかけで
沖縄の工芸の一つである
琉球紅型の職人の道へ。

「琉球紅型の美しさを後世に伝える」

その並々ならぬ覚悟から
お客様の注文を一切受けないというスタイルを
60年以上貫いております。

注文を受けないというのは、
注文が増えるとお客様の意向を無視できなくなり、
自分の美学が
お客様の美学に浸透されてしまうのを恐れた為です。

お客様から注文を受けずに
自分の作りたい作品だけを作って生計を立てる。
そんな険しい道を選び

「貧しくても良いから自分の信じた意思を貫こう」

と言うこだわりの結果
沖縄県指定無形文化財びん型技術保持者として
認定されました。

伝統工芸と向き合う、
それを貫き通した美学は
多くの人の心を動かしております。

今も工房から生み出される
こだわり抜いた作品を
ぜひ、お手にとってみてください。

父のような「こだわり」を
貫き通したい。

はじめまして
Shoutarou Bingata NAHA
代表の金城昌之(きんじょうまさゆき)です。

私はファッションにおいて
人と被ることが嫌いな人間でした。

しかし、父の仕事を見ているうちに
「こだわり」を感じるアイテムが好きなんだと
気がつきました。

父のようにこだわりを貫き通す生き方がしたい。

いつしかそんな風に考えるようになりました。

しかし、この生き方は
大金を稼いで大金持ちになる事はムズカシイ。
もしかしたら、
失敗して貧乏になる可能性もあるけれど
自分のこだわりを貫き自分らしく生きた方が
絶対に楽しい!
と言う事を私は父の生き様から学びました。

Shoutarou Bingata NAHAは
金城昌太郎の意思を受け継ぎながら
次の世代へ継承するために
沖縄版アロハシャツを中心に
品良く使用できるアイテムを
目指して立ち上げたブランドです。

手にとっていただけたら幸いです。

Q&A よくあるご質問

Q1.実際に商品を見たいのですが・・・
A.申し訳ございません。
現在、取扱って頂ける店舗様を全力で探しているのですが
見つけきれておらず、ECサイトのみでの販売になります。
ご了承くださいませ。

また、Shoutarou Bingata NAHAの商品を取扱っても良いよ♪

と言うお店の方がいらっしゃいましたら、
下記の公式LINEよりお気軽にお問い合わせくださいませ。
https://lin.ee/323AogA
>クリックして公式LINEの友だち追加をする。

 

Q2.お支払い方法はどのような方法がありますか。
A.VISA、MasterCardのクレジットカード、Paypay、楽天ペイ、銀行振込、コンビニ決済がございます。

 

Q3.ECショッピングサイトの使い方がイマイチわからないので、直接、銀行振込をして購入したいのですが・・・
A.ありがとうございます。
その場合は、お手数ですが、一度、下記の私、金城の携帯にご連絡くださいませ。
090-3413-8806(Shoutarou Bingata NAHA 代表:金城昌之)
>電話対応時間:朝9時から夕方6時
※お急ぎの場合は、ショートメッセージもしくは、留守番電話に一言メッセージをお願いいたします。

 

Q4.上記に記載されていない事を聞きたいのですが・・・
A.ありがとうございます。
大変、お手数をおかけいたしますが
下記の公式LINEよりお気軽にお問い合わせくださいませ。
https://lin.ee/323AogA
>クリックして公式LINEの友だち追加をする。

 

Q5.メールを打つのにあまり慣れていなく、電話で直接相談したいのですが・・・
A.ありがとうございます。
下記が私、金城の携帯番号になりますので、こちらにご連絡くださいませ。

090-3413-8806(Shoutarou Bingata NAHA 代表:金城昌之)
>電話対応時間:朝9時から夕方6時

気になる方は、
上記の「商品ページ」をクリック頂き
ぜひお早めにご購入ください。

最後までお読み頂きまして
誠にありがとうございます。